« 2011年7月/台風6号の影響 | トップページ | 南アルプス公園線被災箇所・8月2日徒歩通過可能に »

2011年7月22日 (金)

2011年台風6号の影響/道路&アクセス

① 静岡市街~畑薙夏期臨時駐車場 : クルマで来られます

② 畑薙夏期臨時駐車場から約300m奥地 : 路肩欠損

③ ②の地点より奥 : 崩土箇所多数・22日夕方までに判明

*****************************************************

③ポイントの復旧は早くて週末、最悪週明けを見込んでいます。

問題は②のポイントです。

おそらく徒歩の通過は許可されると思われます。

本日22日、行政当局の指示をあおいで、

本ブログのコメント欄に追加情報を記載して参ります。

(サービス事業部長・武村功)

 【追記】

 しずてつジャストラインの夏期臨時登山バスは、

 安全の確認が終了するまで運休との情報が入っています。

 公共交通に期待していらっしゃるお客様は、

 道路復旧後も同社の情報を確認のうえお越し願います。

  ●お問合せ しずてつジャストライン 鳥坂(営) TEL 054-345-3444

|

« 2011年7月/台風6号の影響 | トップページ | 南アルプス公園線被災箇所・8月2日徒歩通過可能に »

コメント

来週末、マイカーで行く予定です。畑薙夏期臨時駐車場までは問題なさそうですが、椹島への送迎バスと登山道に問題がないか、もう少し経過を見ておく必要がありそうですね。

投稿: 堀 恒樹 | 2011年7月22日 (金) 14:05

【23日/現時点の事実関係】
◎畑薙臨時駐車場上流側は
 「全面通行止」規制がかかっています。
◎その上流・林道東俣線は、普通車のみ通行可能。
◎参考となる静岡市道路保全課HPは次のとおり。
http://www.city.shizuoka.jp/deps/dorohozen/tu-koukisei.html

【見通し】
◎全面通行止区間の「徒歩通過」について、
 行政が安全措置を講じる(見込み)。
◎東俣線をマイクロバスが走行できるまでの
 復員拡幅復旧(の見込み)。

これらが判明してから、私どもとしてはじめて、
「お客様にウェルカム」の姿勢を示すことができます。

25日、行政と確認・協議しますので、暫くお待ち願います。

投稿: サービス事業部長・武村功 | 2011年7月23日 (土) 06:13

18日に泊まって19日朝に徒歩で白樺荘まで下山しものです。同宿していた方々も無事下山され安心しました。土木工事会社の皆様、泊めていただいた白樺荘のご主人にお世話になりました。ありがとうございます。

投稿: 与一 | 2011年7月24日 (日) 01:20

日本の標高3000m以上の山制覇を目標に登り続けている現在70歳のシニアです。残っているのは聖岳のみですから、畑薙ダムからの計画を立てて楽しみにしていますが、椹島までの道路崩壊、途中からの聖岳登山道のがけ崩れ等悪いニュースに戸惑っています、でも、8月中旬前には修復されることを信じています。

投稿: たんたん | 2011年7月24日 (日) 09:24

日本の標高3000m以上の山制覇を目標に登り続けている現在70歳のシニアです。残っているのは聖岳のみですが、畑薙ダムからの入山を計画して楽しみにしていましたが、椹島までの道路崩壊、途中の聖岳登山道のがけ崩れ等、悪いニュースに戸惑っています。でも、8月中旬までには回復されることを信じて待つことにします。
予想でも良いですから、椹島方面から聖岳に登れる状況は何時頃になるのか知りたいです。

投稿: たんたん | 2011年7月24日 (日) 09:33

投稿: たんたん | 2011年7月24日 (日) 11:54

荒川三山から聖岳まで縦走を予定(7/30~)していますが、登山道の状況はどうでしょうか?

投稿: 堀 恒樹 | 2011年7月24日 (日) 20:08

おそらく徒歩の通過は許可されると思われます

許可されたんですか?

26日から 入山予定ですが どうでしょう?

投稿: 明日香 | 2011年7月25日 (月) 08:17

7月29日千頭からタクシーで駐車場まで行き、徒歩で畑薙第一ダムへ。御社の送迎バスで椹島に送っていただき、ロッジ宿泊。翌日聖平小屋泊。以後聖、赤石、荒川と縦走し、8月4日三伏峠から下山予定です。
送迎バスの運行と登山道の状態について教えてください。

投稿: 竹前康世 | 2011年7月25日 (月) 11:50

26日に畑薙ダムからウソッコ沢を経て茶臼、聖、赤石、三伏峠,塩見、熊の平方面に縦走計画していますが先日の大雨で障害になる場所が発生しているか教えてください。

投稿: 浅場 昇三 | 2011年7月25日 (月) 13:43

こんなに情報開示が遅ければ最新情報とは言えません。

投稿: カモシカ | 2011年7月25日 (月) 13:51

皆様のお問合せはありがたいのですが、
行政が通過してよいと許可を出さない限り
「ぜひいらっしゃい」とはここには書けません。
なお、登山道に関しては概ね通行可能です。

投稿: サービス事業部長・武村功 | 2011年7月25日 (月) 18:06

行政に気兼ねをして情報を出せないというのは、本末転倒ですよね。
①今日の行政との確認・協議はいかがな塩梅だったのでしょうか?
②静岡市のインフォメーションでは、白樺荘までしか行けないということです。本当は臨時駐車場までは行けるのでしょうか?
③駐車場の奥300mを徒歩で通過できれば、そこから先は”椹島まで歩きで”ということでしょうか?
④この先、新しい情報はいつ頃、どんな形で得られるのでしょうか?
計画を全面的に変更するかどうか迫られていますので、お忙しいのでしょうがよろしくお願いします。

投稿: 堀恒樹 | 2011年7月25日 (月) 19:47

基本的に登山は自己責任です。
情報は元々は無いのです。提供して暮れるだけ有りがたいです。しかし結局、現場に行ってみなければ、正確な状況は分りません。
柔軟な計画の立案をし、現場状況で臨機応変な対応をしてください。
例え予定通り歩けなくても、また別の収穫が必ずあります。

投稿: 客観人 | 2011年7月25日 (月) 21:16

登山に来てくださるお一人お一人の
お気持ちは有難く、心に沁みますが、
被災現場の奥には「定住者」がいないこと、
財源をどうするか・・・といった障害があり、
当局も一生懸命やってくれているのですが、
まだ結論に到っていません。
静岡市に気兼ねしているわけではありませんが、
一方的に主張すれば、全て丸く収まるとは
言えないのではないでしょうか?

投稿: サービス事業部長・武村功 | 2011年7月26日 (火) 08:39

登山道は概ね通行可であること了解いたしました。ありがとうございます。
先週金曜日に問い合わせさせていただいた時には、送迎バスが時刻表通り運行できるかどうかは週明けにわかるとのことでしたが、いかがでしょうか。

投稿: 竹前康世 | 2011年7月26日 (火) 10:23

みなさん、椹島に頼らずに
伊那側から行けばよいのですよ。
三伏からピストンしてもいいですね。
しずてつのHPも自分でチェックしましょうよ。
なんか大人げないです。

投稿: 山女子 | 2011年7月26日 (火) 21:26

国道152号から易老渡に入り、聖光小屋に入って登ることも考えましたが、国道152号から易老渡までの間が悪路で分かりにくいという事で、畑薙第1ダムからの入山を計画しています。
早期の復興を願っています。

投稿: たんたん | 2011年7月26日 (火) 21:50

8月中旬に下山ルートで使う予定なので、情報を得ようと見てみたら、なんとかチャンネルのようなありさま。運営者や行政の尽力に期待しつつ、あとは自己判断すればいいことなのに。

投稿: 塚本昭彦 | 2011年7月27日 (水) 20:30

お世話になります。
ヤマケイのサイトだと、畑薙第一ダム駐車場から
10-15分歩いたところで、送迎バスに乗るという情報掲載ありますが。こちらには掲載無いので誤情報でしょうか?
情報が曖昧なので、来週は北アルプスに行くことにしました。

投稿: 松本 尚子 | 2011年7月28日 (木) 17:24

本日7/28付の最新情報として、山渓オンラインに載ってますよ。
1.静岡から畑薙夏期臨時駐車場までマイカーOK
2.そこから1.5キロは徒歩のみ
3.そこから送迎バスでさわら島までOK
4.聖平までの川沿いの登山道の崩落?個所は修復済みで通行可能
5.稜線は損傷個所なし。
普段どおりに計画できるということですね。

投稿: 小三郎 | 2011年7月28日 (木) 18:05

今週の半ば頃から天気も回復するようですから、早速計画を実行しょうと思います。
これで漸く日本の標高3000m以上の山を全部征服することになり、楽しみです。
http://www.gem.hi-ho.ne.jp/ytannaka/page019.html

投稿: たんたん | 2011年8月 1日 (月) 18:03

8月9日~11日の間に聖岳に登ってきましたが、終ったら安心してしまい、報告を忘れていました。9日にはやはり畑灘第1ダム手前の駐車場からダムまでの間で補修工事をしており、ダムの手前迄歩いて東海フォレストのマイクロバスに乗りましたが、帰りの11日には畑灘大吊橋から炎天下を駐車場まで約10Kmを歩きました。その時、ダムと駐車場の間の道路は応急修理が終ってバスが通れる様になっていましたが、東海フォレストのバスは相変わらずダムの手前で客待ちをしていました。
しかし、大井観光協会と書かれたマイクロバスで、ボデイに聖岳、茶臼岳と大きく書かれたマイクロバスも走っていることを知りました。東海フォレストのバスはフォレストの施設を利用することを条件に乗車時に¥3000円の利用券を購入しなければならないため、聖平小屋、茶臼小屋などを利用する人は大井観光協会のマイクロバスの時間を調べて利用すればよいのではないかと思います。これを知っていれば畑灘大吊橋からダム手前の駐車場まで10Kmを歩かなくてすんだ事と思います。

投稿: たんたん | 2011年8月15日 (月) 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年7月/台風6号の影響 | トップページ | 南アルプス公園線被災箇所・8月2日徒歩通過可能に »